埼玉)特養整備 ユニット型減らす方針示す

https://www.asahi.com/articles/ASL735S3XL73UTNB011.html?iref=sp_life_eldercare_n

私は、ユニット型で働いたことはなく、従来型でしか勤務したことはありませんが、最近やたらと流行っているこの「ユニット型」特養。国も頑張って推進しているみたいで、従来型からユニット型に方針転換する施設もあったりするようです。

ただ残念ながら、利用者や家族からはそれほどニーズはなかったということなんでしょう… 確かに従来型のほうが入居費用も安いし、職員の人件費も抑えられるし、利用者もいっぱい入居させられるしで何かと好都合なのは確かでしょう。今後どうなっていくか注目したいところです。

話はやや逸れますが、ユニット型ではやたらと「利用者の自立支援を促す介護」みたいなのを推進しているようですが、そもそも自立した生活ができないから特養に入るのではないだろうか?こういうところにも矛盾を感じてしまう。そもそも要介護3以上の人しか入れないわけで、そういった人たちに必要なのは自立支援というよりも、ある程度介護が必要であるという前提の生活に切り替えていくことなんじゃないでしょうか?

利用者の権利や尊厳を守ることは大事だが、「自立支援」がそれに当たるのかは疑問に思ってしまう…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中